英語習得までにかかる時間から一日何時間勉強するかを考えよう【目安はトータルで1000時間】

英語の習得には一体どのくらいの時間が必要なのかを理解できれば、逆算して一日何時間勉強すればいいのかが考えやすいでしょう。

ゼロからの英語習得にはトータルで2200時間の勉強が必要

英語習得に必要な時間については、今も研究途中であり、いくつかの意見があります。

中でも注目したいのは、アメリカ国務省付属の外交官養成局であるFSI(Foreign Service Institute)が公表している、アメリカの外交官が外国語を習得するまでに必要な時間に関する資料です。

資料によると、英語ネイティブにとって日本語は“Super-hard Languages(超難関言語)”で、最も習得が難しいステージに分類され、日本語の知識がゼロの状態から仕事で使用できるレベルになるまでには、「2200時間」を要するとされています。

日本語から英語を習得する場合も同じだとはいいきれませんが、大きな参考になるでしょう。

ビジネス英語までは求めていない人には、2200時間も必要ないと思えるかもしれませんね。しかし、研究対象であるFSIの人たちは外交官を目指してアメリカ全土から集まった学習能力が高い人たちであることを考えると、やはり日本の一般の人が日常生活レベルの英語を習得するには、2200時間ほども見積もっておくのがよいでしょう。

中学・高校で英語を学んだ社会人の目安はトータル1000時間

2200時間となると、毎日1時間勉強を続けても6年間もかかる計算になりますので、途方にくれてしまいますね。

ここで思い出したいのは、2200時間というのは「知識がゼロの状態から」の計算である点です。

日本人は高校卒業までに約1200時間を英語学習に費やしていると言われていますので、一般的な社会人であれば、目安は残りの「1000時間」程度と考えていいでしょう。

英語学習の時間は一日何時間がおすすめ?

英語を一日何時間勉強するかは、習得までにかかる時間に加えて、「学習充実度」も考慮する必要があります。

おすすめは「一日1時間」

まずは、一日何時間の英語学習であればどれくらいの期間で1000時間に到達するのかをみてみましょう。

一日10分:17年

一日30分:6年

一日1時間:3年

一日2時間:1年半

一日3時間:1年

現在英語を学んでいる社会人の平均的な学習時間は、“一日30分以上1時間未満”だといわれています。つまり、“英語習得には1000時間の学習が必要”だと知らない状態で英語学習を行う場合、「一日の学習時間は30分以上1時間未満くらいが妥当」と思っている人が多い、ということでしょう。

ところが、実際は英語習得に1000時間が必要で、現状では習得までに5、6年かかってしまうのです。

では、習得までの期間を重視して一日2、3時間の勉強をすればいいかというと、そうとばかりはいえません。

ポイントは「学習充実度」でしょう。

集中できずにダラダラと続けた学習を1000時間積み重ねても、英語の習得は叶いません。

自分の集中力とライフスタイルを考慮した上で、最適な一日の学習時間を定めていくべきでしょう。

また、英語習得のためには「継続して学習すること」が絶対条件です。無理せず毎日続けられる学習計画を立てる必要があるのです。

おすすめは、「一日1時間」の継続と、予備日の設定です。

一日1時間であれば、あと少しだけ頑張れば実現可能ではないでしょうか。後で紹介するテクニックを参考にして、あと10~15分の学習時間を捻出してみましょう。

さらには、休日などを予備日とし、余力があれば集中力が許す限りの時間をプラスできると、期間の短縮や達成感につながります。

「一日のトータルが1時間」でOK!スキマ時間も活用しよう

1時間通して勉強しなければいけないと思うと身構えてしまいますが、「一日1時間」は「一日の内でトータル1時間」でかまいません。

英語の勉強にはたくさんの方法があり、中には、いつでもどこでもできるものもあるのです。

例えば、通勤中にリスニング教材を聞くことも、ひとつの英語学習法です。家事をしながらリスニング教材を繰り返しつぶやいてみたり、思いついたことを英語で言ってみたりするのもおすすめです。

また、先程も触れた、学習時間の捻出についても検討しましょう。10分早く起きる、休憩時間の10分を勉強にあてるだけでも、20分は捻出できるのです。 小さなスキマを大きな力に変えていきましょう。

英語習得のカギは継続学習!「一日何時間勉強」を「いかに毎日続けるか」

学習の効果は、睡眠の効果に似ているといわれています。どちらも脳の働きに関係するもので、脳は、一定の休息を挟むことで力を発揮するものなのです。

【ルーティン化】英語学習を毎日のルーティンに組み込む

人間の身体は、毎日一定の睡眠を繰り返すことで回復したり成長したりしています。

学習も同じように、毎日の継続が肝心です。

できれば、学習も毎日一定の時間に行うのが理想的です。習慣化されることによって、その時間がくれば脳と身体のスイッチが入るようになるためです。

スキマ時間の活用も、スキマができたらやる、ではなく、すでに出来上がっている毎日のルーティンに組み込むといいでしょう。

【モチベーションの維持】2年はかかると覚悟し短期間で結果を求めない

英語習得までに1000時間かかるとすると、一日1時間学習し続けた場合では3年かかります。おすすめしているように、予備日に追加学習をしたとしても、最低でも2年はかかる計算です。

毎日学習を続けていると、「こんなに勉強しているのに上達しない」と思うこともあるでしょう。

あらかじめ“英語習得”という最終ゴールは2年以上先であると覚悟し、“単語を1000語覚える”“英会話で聞き返される回数を減らす”といった小さな短期目標を達成しながら、モチベーションを維持するようにしましょう。

英語学習で大切なのは「一日何時間」を「どのように勉強するか」

「英語をどのように勉強すればいいか」は、これまでにもたくさんの研究が行われてきています。これまでにわかっている英語学習のポイントをおさえ、効率的な学習計画を立てましょう。

英語学習のポイントはインプットとアウトプット

「インプット」とは、「入力」という意味です。英語学習では、英単語や文法、発音などを読んだり書いたり聞いたりしながら「覚える」ことです。

一方の「アウトプット」は、「出力」を意味しています。覚えたことを書いたり話したりして「発信する」ことです。

「インプット量がアウトプット量を決める」と言われるほど、インプットなくしてアウトプットはありません。

また、アウトプットによって新たな課題や疑問が見つかり、更に上の学習ステージに進めるため、セットで欠かせないものだといわれています。

一日の内でインプットとアウトプットの時間を組み合わせる

英語学習を継続するためには、モチベーションの維持は重要です。

特に、インプットの学習は記憶がメインのため、辛いと感じる人が多いようです。適切にアウトプットを挟むことで、気分転換を図れる上、課題点も早く見つかって、軌道修正がしやすくなります。

なるべく一日の内でインプットとアウトプットを組み合わせるように計画しましょう。

毎日のアウトプットにはオンライン英会話がおすすめ

オンライン英会話は、一回のレッスンが20~25分に設定されているものが多いのが特徴です。

オンライン英会話のレッスンをルーティン化すれば、その時間を中心に学習計画が立てやすくなるでしょう。

お昼休みをオンライン英会話の時間にし、通勤時間をインプット学習にあてるなど、予習(インプット)⇒オンライン英会話(アウトプット)⇒復習(インプット)の流れで学習するのがおすすめです。

オンライン学習マーケット「クラスリー」の画像

英語オンライン学習の先生を探すなら、クラスリーがおすすめ

プロの英語オンライン学習の先生に勉強の相談したい場合や、条件に合うオンライン講師を探している場合は、オンライン学習マーケット「クラスリー」をご利用いただくと、希望のオンライン講師を簡単に見つけることが可能です。

ご利用は無料!
3分で提案募集を開始

まずはご希望の条件を投稿して、オンライン講師に相談してみましょう!

条件を選択するだけで、最大5名のオンライン講師から提案が集まります