ラジオを使った英会話の勉強法ってどんなもの?

英会話では、話せるようになる前に、英語を聞き取る力が必要です。

視覚に頼らず耳への情報のみで配信されるラジオは、聞き取る力を鍛えるのに最適なツールでしょう。

英会話学習にラジオを使う際の代表格といえば、「NHKラジオ英会話」です。

ラジオ英会話のメリット

ラジオ英会話は、HNKのラジオ講座のひとつです。

視聴するだけであれば無料ですが、内容に即したテキストも販売されており、書店やネットを通して購入可能です(税込550円)。後に視聴方法で詳しく紹介しますが、その他の視聴法を利用しても、充実した学習内容にも関わらず、1ヵ月の費用が1000円以内と、非常にコスパがいいのが最大の魅力でしょう。

1回あたり15分の放送時間で、毎日継続しやすいのもポイントです。

ストリーミングを利用すれば、いつでも好きなときに、場所を選べる学習法といえるでしょう。

ラジオ英会話のデメリット

英会話では、単に英語を聞き流すだけの学習はあまり効果がありません。

人間の脳は、理解できない音は雑音と判断してしまいます。ラジオ英会話を効果あるものにするには、理解できるようにきちんと向き合って視聴する必要があるのです。

ながら作業のBGMでは英会話は身につきにくい、と覚悟しておきましょう。

ラジオ英会話の視聴方法

ラジオ英会話を視聴する方法は以下の4つです。

ラジオで視聴する

NHKラジオ第2で放送されています(2021年5月現在)。

放送:月~金曜の6:45~7:00

再放送:月~金曜の12:25~12:40と午後21:45~22:00

    (日曜の16:30~17:45には5回分をまとめて再放送)

無料アプリをダウンロードして視聴する

2種類のNHKアプリでラジオ英会話の視聴が可能です。

らじる★らじる

NHKゴガク

無料アプリでは、ストリーミング可能期間は放送から1週間以内という点は要注意です。

音声ダウンロードチケットを購入する

NHK語学テキスト 音声ダウンロードチケット

NHKから毎年上下2巻に分けて出版される「音声ダウンロードチケット」を購入することでも、ラジオ英会話の視聴が可能です。

税込990円と少し値が張りますが、一度購入したら永遠に何度でも聴けるので、長期間の復習におすすめです。

AmazonのAudibleで購入する

Amazon Audible

AmazonのAudibleでも購入することができます。

月額1500円ですが、元々利用している人や、聴き放題のポッドキャストを利用する人にはおすすめでしょう。

ラジオ英会話を活用したおすすめの勉強法

ラジオ英会話を効果的にするためには、どのように勉強を進めればいいのでしょうか。

ラジオ英会話のレベル

ラジオ英会話で必要な英語力は、高校英語レベルだといわれています。

英検では2級、TOEICでは550点が目安といったところでしょう。

注意したいのは、英語学習においては「理解力と会話能力のレベルが異なる」点です。

理解力は高校英語レベルのはずなのに、英語で話そうと思ったら聞き取れない、話せない、という話を聞いたことはありませんか。

同じ人でも、「読める・わかる」力と「聞き取れる・話せる」レベルは異なります。

多くの場合、会話能力より理解力のほうが高いといわれており、できると思っているレベルで会話できないのは当然のことなのです。裏を返せば、理解はできているため、聞き取ることができればゆっくりでも話せるということです。はじめは聞き取れなくても焦らずに慣れていきましょう。

テキストは購入するのがベター

NHKテキスト ラジオ 英会話

ラジオ英会話では、テキストを購入せずに学習することも可能です。しかし、テキストは購入したいところです。

なぜなら、ラジオ英会話の講師である大西先生は、「テキストの丸ごと暗記」を提唱されているからです。それだけ有益なテキストということでしょう。

リスニングの答えはテキストの内容ですし、講座内で出される練習問題はリスナーがテキストを見ていることを前提にしたものがほとんどです。

効率的に進めるためには、テキストはあったほうがいいでしょう。

リスニングの強化

テキストを購入したとしても、まずは開かずにラジオの音声だけでどこまで聞き取れるのかを確認しましょう。テキストを見てしまうと「読む・わかる」力が働いてしまうため、リスニングの実力がわかりづらくなるからです。

まずは音声だけを聞き、文字に書き起こしてみましょう。このとき、わからなかったところも聞こえた通りにカタカナで記しておくのがポイントです。

書き起こした後にテキストを開くと、耳で聞こえた英単語はこのように発音されるのか、と正しい発音や聞こえ方が判明するでしょう。

シャドーイングする

「シャドーイング」とは、音声から少し遅れて影のように口に出して追いかけることです。ぶつぶつとつぶやいたのでも、口パクでもかまいません。

シャドーイングによって、英語の語順やリズム、口の動きが鍛えられます。

シャドーイングの効果は絶大です。自分の声で音声が消えないようにヘッドフォンなどを使い、英文を全て覚えるまで繰り返しましょう。

日本語文を見ながら英語で独り言

ラジオ英会話の勉強法の応用編として紹介したいのは、日本語文を見て英語でつぶやくことです。

会話は言葉のキャッチボールです。日本語から英語へ瞬時に変換できなければ、ポンポンと受け答えをすることができません。

日本語を見聞きしても、瞬時に英語で口に出せるようになるためのトレーニングです。

毎日続けることが肝心!ラジオ英会話勉強法を続けるコツ

語学を習得する最短の方法は、毎日続けることです。ラジオ英会話を毎日続けるコツを紹介していきましょう。

毎日勉強する時間を決めておく

ラジオで聞く場合は、毎日放送時間が決まっているので、生活リズムに取り入れやすいですね。

生活リズムが一定でない人には、ラジオ以外の視聴法がおすすめですが、いつでも聞けてしまう点が諸刃の剣です。

毎日何時はラジオ英会話の時間、と習慣化してしまうようにしましょう。

忙しい日は音声だけでもOK

どれだけ忙しくても、音声だけでも触れ続けるようにしましょう。

先に紹介したように、まずは聞く力のレベルを上げることが先決です。すでに学習し、ある程度聞き取れるようになったもの選んで繰り返し聞くのがおすすめです。

他のラジオアプリを活用して毎日続ける方法も

NHKラジオ講座以外にも、英会話学習を取り扱うラジオアプリが登場してきています。自分のライフスタイルに合わせて上手く活用してみましょう。

Tunein

TuneIn

「Tunein」は、世界中の10万局以上ものラジオ放送を無料でストリーミングできるラジオアプリです。NHKや日本のローカルFM局の放送もカバーしています。

ユーザーの利用歴から、好みに合いそうな放送局を提案してくれるため、より自分に合った英会話放送を見つけられるかもしれませんね。

App Store

Google Play

Voicy

Voicy

「Voicy」は、日本発の音声配信専用アプリです。配信者には審査を行っており、既に名の知れている人や、何かの分野に精通していると認められた人にしか配信が許されないため、質の良いコンテンツが揃っているのが魅力です。

Voicy

実際に話せるようになるにはラジオ英会話勉強法「+α」が必要

残念ながら、ラジオ英会話勉強法だけでは、英会話の習得は叶いません。ラジオ英会話勉強法に加えて何が必要なのでしょうか。

英会話で話せるようになるには「アウトプット」が必須

ラジオ英会話の音声を聞く勉強法は、自分の中に知識や情報を取り込む「インプット」の学習です。

取り込んだものを発表する「アウトプット」環境がなければ、成果を知ることもできませんし、英会話の実践も伴いません。

アウトプットによって新たな課題や改善点が見つかり、英会話能力の向上が図れるのです。

アウトプットにはオンライン英会話がおすすめ

ラジオ英会話で身につけた力を、オンライン英会話で実践してみましょう。

マンツーマンでレッスンが行われるオンライン英会話では、学習の進捗を講師に相談することも可能です。

ラジオ英会話で出てきた疑問も遠慮なく相談できますので、積極的に活用するのがおすすめです。

オンライン学習マーケット「クラスリー」の画像

英語オンライン学習の先生を探すなら、クラスリーがおすすめ

プロの英語オンライン学習の先生に勉強の相談したい場合や、条件に合うオンライン講師を探している場合は、オンライン学習マーケット「クラスリー」をご利用いただくと、希望のオンライン講師を簡単に見つけることが可能です。

ご利用は無料!
3分で提案募集を開始

まずはご希望の条件を投稿して、オンライン講師に相談してみましょう!

条件を選択するだけで、最大5名のオンライン講師から提案が集まります